9月25日、静岡県の磐田青年会議所にて

講師として招かれました。

 

14455916_992613614194278_506282794_o

 

コミュニケーション向上事業として

マジックをレクチャーさせて頂きました。

 

14446270_992613587527614_385389149_o

 

輪ゴムやペンなど身近なものを使ったマジックをいくつか学んでいただきました。

もちろん簡単なものですが、

マジックは簡単だからすぐできるというわけではありません。

 

マジックには相手が必要。

相手に不思議さが伝わらなければ何の意味もありません。

 

マジックってタネを知ってしまうと

急にタネを知らない相手の感覚が分からなくなってしまうんですね。

 

何を伝えるのか?何を伝えないのか?

相手に不思議を伝えるためによく考えなければいけません。

 

これってまさにコミュニケーションですね。

相手は必ずしも自分と同じではありません。

”自分にはわかっているから相手も分かっているだろう”というのは勘違い。

 

自分とは違う”相手”という存在にどうしたら伝わるのか?

それがコミュニケーションの基本なんです。

 

 

参加された皆様には、マジックを見せ合ってもらいました。

マジックの不思議さを伝えるためには

どんなセリフを使うのか?どんなタイミングで?

それによって相手はどんなことを考えるのか?

どう行動するのか?

全てにコミュニケーションのヒントが詰まっています。

マジックをする二人

 

全員でスプーン曲げの実演、そして伝授。

これも実は簡単。

超能力ではありませんよ。間違いなくマジックです。

 

どんな錯覚が起こっているのか解説をして、

全員曲げられるように!!

驚きが『なるほど~』に変わる瞬間です。

曲がったスプーン

 

今度は誰かにスプーンを曲げて見せることで、

さらにマジックの面白さ、そのパワーを感じて頂けるでしょう。

 

 

ほとんどの方がマジックを見たこともやったこともないようでしたが、

十分にマジックの楽しさを感じて頂きました。

これをさらに活用してコミュニケーションに役立てて頂ければ嬉しいですね。

 

参加された皆様、ありがとうございました!!!!

 

 

 

 

 

 

あなたもマジックを覚えませんか?

マジックは最高のコミュニケーションスキルです。

個人、団体でのマジックレッスンも承ります。

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはこちらから。

 

 

 

 

質問や感想をどうぞ【「Facebookにも投稿」にチェックを入れて下さい】

コメント

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket