謝る

マジックで失敗することはあります。

もちろんプロでも。

でもそこには

マジシャン特有のリスク・マネジメントが存在します。

 

 

①マジックは失敗に気づかれにくい。

実はマジックは失敗しても、観客が気づきにくいものなのです。

なぜかというと、

マジックは今から何が起こるか

あらかじめ伝えていないからです。

 

イメージしてください。

ステージでハトを出すマジシャンがいるとします。

ハト

でも彼はあらかじめ『ハトを出します。』とは言っていませんね。

だから急にハトが出てきてみんな驚きます。

でも何かのトラブルでハトが出せなかったら?

出さなければよいのです。

誰も失敗だとは気付きません。

だって伝えていないのですから。

マジックの構造上、失敗は気づかれにくいものなのです。

 

 

 

②失敗してもリカバー出来る。

失敗に気づかれづらいということは、

リカバーもしやすいということです。

 

例えば選んだカードが外れたら、

『えっ、じゃあ選んだカードは何でしたか?』

正解のカードを教えてもらって、こっそり他から出すようなことだって出来ます。

もちろんリカバーの方法も知っていなければ出来ませんが、

そうすることによって、失敗を”演技”だと思わせることもできるのです。

それが最初から用意されたものだと、観客は思い込むのです。

 

 

 

③失敗を予想する。

それでも失敗はありえます。

マジシャンといえども人間ですから。

だからマジシャンは

ありとあらゆる可能性を考えるのです。

可能性を考える

そうすることによって、いざ失敗が起こっても冷静に対処できます。

冷静に対処すれば、意外と大したことは無いのですから。

 

 

 

 

④失敗をストックする。

プロだって失敗はします。

予期せぬ出来事が起こったり、トラブルがあったり。

観客が予期せぬ行動をとったりなんていうのもあり得ます。

はっきりいって仕方ありません。

 

大事なのは、なぜ失敗したのかを分析すること。

そして、その失敗を繰り返さないこと。

 

必ず原因は存在するし、対応することは可能です。

そうすれば次に同じシチュエーションがあった時に対応することが出来ます。

予期せぬことが起こっても冷静に対処できます。

 

言い方を変えれば”経験値”ですね。

失敗も経験のうちなのです。

 

 

 

 

結局のところ、マジックでもそうでなくても

失敗を恐れないということが大事です。

 

どんなものでも失敗はあり得る。

でもそれを恐れていては何も始まらない。

 

失敗とうまく付き合うことが、マジックを上達させる秘訣でもあるのです。

 

 

 

【私たちは失敗はしない。勉強しているだけだ。】

~アン・ウィルソン・シェイフ~

 

 

失敗しても、逃げてはいけませんよ↓

 

 

メルマガ 登録





登録特典

質問や感想をどうぞ【「Facebookにも投稿」にチェックを入れて下さい】

コメント

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket