一点集中!!

優れた部分だけ見せつけろ!!

光を指さす

 

 

あなたは【ハロー効果】を知っていますか?

 

心理的効果の一つで、

【ある対象を評価をする時に

顕著な特徴に引きずられて

他の特徴についての評価が歪められる現象のこと】。

 

ちょっとわかりづらいので簡単に言うと、

【見えている部分が優れていると、

他の部分も優れているように見える】

ということですね。

 

 

ちなみにハローとは、

「後光が差す」と言う時の後光のことだそうです。

後光

 

 

例えば

「見た目が良いと、性格が良いとか頭が良いと思われる。」

とか、

「学歴がちゃんとしていると、人間性もしっかりしているように思う。」

とか。

 

もちろん直接関係があるわけではありませんよね。

見た目が良かったり学歴が良くても、

性格が悪かったりだとかだらしない人なんていっぱいいるはず。

でもそれは見えていない部分です。

 

それを人はどう判断するかといえば、

見えている部分から想像するしかありません。

 

ひとつ顕著に目立つ部分があれば

それにつられて他の部分も優れているように錯覚してしまうのです。

 

 

例えばタレントさんと広告の関係もそう。

好感度の高いタレントが商品のCMなどに出ていると、

それだけで商品自体にもポジティブな印象を受けますよね。

 

 

ちなみにハロー効果にはポジティブ・ハローネガティブ・ハローがあって、

悪い印象を受ければそれに引きずられて他の面も悪く見られてしまうということも

あり得ますのでご注意を。

不祥事を起こしたタレントさんがCMなどを下ろされるのもそうですね。

商品自体は何も変わりませんが、

それだけ表に見える印象が心理的に影響を与えるという証拠ですね。

 

 

マジックをしていると非常に良くこの効果を感じます。

「手先が器用でしょ」とか「モテそう」とかはよく言われます。(実際にモテるかどうかはさておき・・)

他のことも凄く上手そうに見られます。

 

タネが分からない分、才能があると思われたり(ただ練習しただけなのですが・・・)

本当に不思議な力があるのでは? と言われることもよくあります。

もちろんそう思われることはありがたい。

 

「マジックをする」というだけで、

人間として魅力的に映っているということなのですから。

 

「あぁ、マジックやっててよかったなぁ。」と思います。

 

教育で例えると【優れているところを伸ばす】。

欠点を気にするより、優れている部分を伸ばし、

そこを表に出せば、欠点なんて補えるくらいの

印象を相手に与えることができるのです。

 

自分の一番優れている部分がわかるのならば、

それを前面に出せば良いのです。

「自分の優れているところが分からない」という方でも、

身なりをきっちりするとか、姿勢や動作を変える、

言葉使いを変えるとか、

誰でもできることでも効果はありますよ。

 

 

そういう点からすると、

【マジック】は素晴らしいスキルです。

簡単にできるものもたくさんあるし、

正確な演じ方さえ覚えたら、

目の前の人に驚きを与えることはすぐにできます。

驚く女性

 

僕もマジックがなければ特に自慢できることなど無かったのですから、

マジックの【ハロー効果】さまさまです。

 

マジックが仕事になった今では、

そうやって使っていただくと嬉しいですね。

 

 

人間の判断基準なんてあいまいなものです。

実際に見ていないものでも判断してしまうのですから。

 

 

でも、それを理解すれば利用することができる。

欠点を気にしていても仕方ありません。

だって人間なんて欠点のほうが多いのですから。

 

それよりも良いところ、人に見られるところに注意しましょう。

自分の良いところをどんどん見せればよいのです。

【ハロー効果】を使って”後光”を感じさせましょう。

 

 

 

 

マジシャン、メンタリストが使う心理テクニックも公開。

マジシャンSaggy公式メルマガ【Saggy通信】

 ご登録はこちらから↓

メルマガ 登録





登録特典

 

質問や感想をどうぞ【「Facebookにも投稿」にチェックを入れて下さい】

コメント

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket