最近、Youtubeなどでの種明かしについてお客様と話す機会が

何度かあって。

 

そりゃあもちろんアカンとは思っています。

だってマジックのタネって先人たちの知恵の塊ですからね。
http://magicsaggy.jp/2015/02/19/how-do-you-save-magic/

 

ただ実際には動画などでUPされたものに関して取り締まることなど無理だし、

僕らがいくらだめだといってもどうしようもない現状があるわけです。

 

なので今回は、不本意だとしてもそれが存在するという前提でのお話。

驚く人

 

Youtubeでマジックと検索すれば、上位はほぼ種明かしの動画ばかり。

日本でそれらのチャンネルで大きいものは登録者数15万人くらい、

一つの動画の再生数で一番多いのが600万回くらいかな?

 

数字だけ見るとすごいと思いますが、

例えばこれらの動画を見てマジックバーに来て

『このマジック、Youtubeで見たからタネ知ってるよ!

こうなってこうなるんだよ!』

という人がいるのかというと・・・・・

 

実際にはほとんどいません!!

 

 

登録者数15万人といっても、

日本人全人口1億2千万人からしたら800分の一ですからね。

再生回数600万回といっても、同じ人が何回も見ていたりとか、日本以外からも見られていたりするので、

日本だけでみても、その動画を知らない人のほうが圧倒的に多いのですよ。

PPAPですら知らない人はいっぱいいますからね。

 

Youtubeの動画などは、【マジック】【やり方】【種明かし】などの情報を探したい人が

検索エンジンからたどり着くわけですが、

 

じゃあマジックバーに行って、タネが分からなかったから検索するかというと、

検索すること自体ある程度の手間ですし、

それに見合う対価がない以上、(例えば本当に自分でマジックを覚えたいとか)

そんなめんどくさいことは人間はしません。

 

なので種明かし動画などがどれだけあっても、

マジックを見に来る人は見に来るのですね。

お客様と

 

で、それらを見ている人は自分で覚えたいという人なので住み分けはできているのですが、

今回はこちら側の方に一コト言いたい!!

 

Youtubeは無料で見れますし、様々な種明かしがUPされていますから、

そりゃー便利かもしれませんよ。

でも動画は誰でもUPできますから、上手い下手、不正確な情報もたくさんあります。

 

だからちゃんと勉強したいなら

マジックの本とかDVDとかをお金を払って買いなさい!!

 

それは”勉強する”ということに対する”対価”です。

お金

 

本やDVDのほうが圧倒的に正確だし、作る側もお金を払ってもらうものですから真剣です。

そしてこちらもお金を払う以上、真剣に勉強しようとします。

 

確かにお金はもったいない。

僕も最初にマジックのDVDをお金を払って買おうとするときメチャメチャ迷いました。

 

でも勇気をもって購入してみて、はるかにその方が血肉になりました。

だってお金払ってるんだから、無駄にしたくないじゃないですか。

 

 

更にプロになるなら、最終的にお客様に

あなたのマジックの”対価”をいただかなければいけないのですから。

 

それは【あなたがどれだけその技に”対価”を払ったか】に対するものだと思いませんか?

 

なのでぜひ真剣にマジックを勉強したい方は、”対価”を払って勉強してください。

それがいつかあなた自身になるのですから。

 

 

 

 

マジックの勉強にこういう本もあります。

 

 

質問や感想をどうぞ【「Facebookにも投稿」にチェックを入れて下さい】

コメント

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket