10月15日(日)大阪で

凄いマジックを覚えましょう!

 

 

お伝えするのはこちらの動画の前半の、

スケッチブックの”あれ”です!!

 

【カーディオ・グラフィック】と呼ばれる、

マジシャンなら必ず一度は憧れる、

超絶に不思議なマジック。

あのデビッドカッパーフィールドも演じています。

カーディオグラフィック

https://youtu.be/0q2ZagFOnVU

 

スケッチブックに描かれたカード一組から

絵が動いて、

選ばれたカードが一枚だけせりあがってきます!!

 

さらにそれをマジシャンはプレゼントで差し上げてしまうのです!

観客はあまりの驚きに声も出ず、

プレゼントされた絵を調べます。

 

 

もちろんそれは間違いなく一枚の絵。

観客は感動し、プレゼントされたその絵は

一生の記念になるでしょう。

 

 

実は【カーディオ・グラフィック】

マジックショップで購入できます。

 

デビッドカッパーフィールドが演じていたのがそれです。

本物の【カーディオ・グラフィック】

アイデアとインパクトを兼ね備えた、

素晴しいマジックです。

 

 

その映像を見れば、

誰もが自分で演じてみたくなるはずです。

 

 

 

しかし、実際に演じるに当たり

いくつか難点もあります。

 

 

◆スケッチブックが大きい。

 

これは完全にステージマジックとして作られています。

そのため、スケッチブックは大きいものが使われています。

持ち運びが大変で、近距離のマジックには向きません。

 

 

 

◆替えのスケッチブックがない。

 

原理上、演じるたびに

描いた絵を一枚プレゼントします。

つまり、用紙がなくなったら

同じスケッチブック、少なくとも同じサイズ、

同じ形状のものを用意しなければいけません。

でも、実はあのサイズと同等のスケッチブックを

見つけるのはなかなか大変なのです。

 

 

 

◆値段が高い。

 

【カーディオ・グラフィック】はマジックショップで

商品として購入できます。

でも価格が高いです!

26,000円ほどします。

それを差し引いても素晴らしいマジックであるのは

間違いありませんが、

なかなか手を出しづらいマジックでもあります。

 

まあ、もちろんこの時点で

『買います!』という方は、

全然かまいませんよ。

 

実は考案者のマーチン・ルイス

【カーディオ・グラフィック】の作り方を解説しているDVDもあって、

それを参考に自作しているマジシャンも多いのです。

僕もそのDVDを買って、

自分に使いやすいように作成したのが

最初の動画のものです。

 

 

スケッチブックを、

日本でも手に入れやすい小さいモノに。

仕掛けの部分もシンプルに、使いやすく。

 

 

今回は、

その僕の【カーディオ・グラフィック】を特別公開、

作り方、演じ方をお伝えします。

 

当日、実際に作っていただきますのでお楽しみに。

 

 

さらに当日はカードマジックをいくつかレクチャー予定です。

こちらもお楽しみに。

 

さらにさらに参加してくれた方だけに、

ちょっとした”おまけ”も用意する予定です。

こちらも楽しみにしていてください。

 

今回リクエストにお応えして大阪でこちらの

レクチャーを開催します!

 

大阪開催はもう二度とないかもしれません。

ぜひこの機会にご参加ください。

 

 

 

※追記

リクエストにより、

15日の講座ではこちらもお伝えすることになりました!

【風船飲み!】

 

こちらも大人数に見え、インパクトもあるマジックです!

あっ、もちろんマジックですからね。

風船もたっぷり飲んでもらいます(?)のでお楽しみに!

 

 

 

 

【開催概要】

カーディオグラフィック講座

◆日にち: 10月15日(日)

◆会場: 大阪心斎橋トライアンフ

◆時間: 13時~17時

◆受講料 14,000円

◆定員 6名予定

 

でもお申し込みはちょっと待ってください。

実はその前の日、10月14日(土)も大阪で別のレクチャーを開催します。

それがこちら。

 

14日(土)は25,000円15日(日)は14,000円なので

合わせて39,000円ですが、

 

両日参加の方に限り

5,000円割引の

34,000円とさせて頂きます!!

 

※14日(土)と15日(日)、

ご希望の日にお申し込みください。

お申込みボタン

 

 

 

どちらに参加しても、一生モノのスキルになるでしょう。

大阪でお待ちしております!!

 

 

質問や感想をどうぞ【「Facebookにも投稿」にチェックを入れて下さい】

コメント

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket