先日、5月27日に

リチャード・ターナー氏のレクチャー会に参加してきました。

 

 

リチャード・ターナー氏は

「生きる伝説」ともいわれる、

ギャンブリングテクニックを主に演じている凄腕マジシャン。

 

どれくらいスゴいのかはこちらをご覧ください。

 

信じられないかもしれませんが彼は「盲目」です。

 

レクチャーには40人ほど参加していましたが、

幸運なことに一番前で見ることができました。

 

DVDなどでは何回も見たことがありますが、

生ではもちろん初めて。

 

イヤー、映像で見るより何倍も何倍も何倍も

本当に本当に本当にスゴいです!

 

観客が選んだカードを戻して、観客自身が混ぜたのに見つけ出します。

観客に混ぜてもらったカードからいとも簡単にA4枚を探します。

同じく混ぜてもらったカードから

ブラックジャック、ポーカーなどの強い手をどんどん配っていきます。

 

 

具体的に

「あ…ありのまま 今 起こった事を話すぜ!」

 

彼はセブンカードスタッドというゲームについての演技をしました。

それぞれの山にはカードが7枚ずつ配られるゲームです。

彼は言いました。

「何人でやるか、4人か5人か6人か? そして何番目を勝たせるか決めてくれ。」

さらに彼はこう言いました。

「配っている途中でどこでもいいからストップと言ってくれ。」

誰かがストップと言います。

そのたびにカードを配るのをやめ、持っていたカードを全て観客に渡し、さらに良く混ぜてもらいます。

さらに混ぜた後のカードを全てではなく自由に分けてもらって”半分だけ”もらいます。

その受け取った半分で続きを配っていきます。

自分ではほとんど混ぜずに。

 

そのやり取りを数回繰り返しました。

配り終えた後、

指定された山の7枚は全てスペードだったのです!!

 

 

なぜそうなるのか全く分かりません。

さらにたくさんの不思議なマジックの数々。

それぞれが普通の状況でさえ圧倒的に不思議なものであるのに、

さらに彼は「盲目」なのです。

 

本当に生で見ることができて感動しました。

 

彼は9歳で盲目になってからも毎日16時間カードを触っていたそうです。

僕自身なんかまだまだだなと思うと同時に、

勇気も湧いてきました。

 

だって目が見えなくてもあれだけのことができるのだから

目が見える僕にできないわけがないので。

 

何もやらずに”できない”と言っている人は、できないのではなくてただ”やらない”だけです。

 

彼の言葉を借りれば、

”やるだけだ。”

やればできるんですよ!

 

リチャード・ターナー氏はサインや写真も快く応じて下さって、

とても明るく気さくな方でした。

 

ちょっと専門的な話になりますが、

1番感動したのは軽やかに行われるテーブルファローシャッフル。

正面20cmほどでかぶりついて見ていました。

あんなに美しく感動したテクニックはありません。

 

練習します。

できるまで。

 

 

 

今、海外でターナー氏のドキュメンタリー映画『Dealt』が上映されています。

残念ながら日本での放映は未定のようですが、

Huluなどで配信されるかも?とのことです。

情報があればお伝えします。

質問や感想をどうぞ【「Facebookにも投稿」にチェックを入れて下さい】

コメント

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket