こちらは2015年11月時点での

ルービックキューブの世界最速記録、

4秒90!!!

人間技とは思えませんね。

このような6面をそろえる速さを競う公式大会は

世界各国で行われていますが、

 

実はそれに使われているほとんどは、

【ルービックキューブ】じゃないって

知っていましたか?

 ルービックキューブ

 

大会では様々なメーカーのキューブが使われています。

大会の規定に沿えば、

どのメーカーのものを使用しても良いのです。

 

その中でも、

メガハウス製のものを【ルービックキューブ】と呼びます。

 

つまり【ルービックキューブ】とは、

玩具メーカー”メガハウス”の

登録商標だったのですね。

 

 

左が【ルービックキューブ】、

そして右はMoYu(モーユー)というメーカーの

TangLong  (タンロン)という商品。

IMG_3988

もちろんそっくりですが、

構造などすこしづつ違う部分があります。

一番の違いは【おもちゃ】としてのものか、

【競技用】かということ。

 

おもちゃ屋さんなどにあるのは、

ほとんどがメガハウス社製品。

【6面をそろえるパズル】として、

壊れないようにしっかりと作ってあります。

 

 

反面、競技用のものは主にネットで購入できます。

海外メーカーが多いですね。

速度を出すため回転もスムーズで、

部分的に角を切ってあったりもします。

もちろん名前も【ルービックキューブ】ではありません。

 

 

使い方、遊び方によって、

完全に2極化しているということですね。

 

キューブの専門店もありますので

ぜひご覧ください。

tribox

 

 

1980年代大流行したキューブパズルも、

今や様々なタイプが出回って進化を遂げているのですね。

 

ぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

ルービックキューブ ver.2.0

ルービックキューブ ver.2.0
価格:1,440円(税込、送料別)

 

 

 

MoYu 3×3×3 WeiLong V2

MoYu 3×3×3 WeiLong V2
価格:1,900円(税込、送料別)

 

 

 

『ルービックキューブを6面そろえてみたい!!』ならこちら。

 

質問や感想をどうぞ【「Facebookにも投稿」にチェックを入れて下さい】

コメント

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket