レストランでマジックをすることがあります。

restaurant-449952_1280

 

お店側からのご依頼で、

『何周年記念だからイベントで。』

とか

『お客さまのサービスの一環として。』

とか。

 

 

いつもはマジックバーでマジックをしていますが、

レストランでマジックをするって、

ちょっとやり方が違うのですね。

 

今回はそんなことについて。

 

 

レストランでのマジックの場合、

一番多いのは【各テーブルを回ってのマジック。】

このスタイルを僕らは【テーブルホップ】と呼びます。

マジックバーでのマジックとまず違うところですね。

 

 

各テーブルでのマジックで、

時間内にほぼ全テーブルをまわらなければいけないので、

ひとテーブルでのマジックの所要時間は短め、

なのでネタもそれ用に

チョイスしなければいけませんね。

 

例えをあげると・・・

・持ち運びしやすいもの。

・時間が短くて盛り上がるもの。

・テーブルに料理が並んでいる場合が多いので、

スタンドアップでできるもの。

 

あと例えば

・一つのテーブルで演じて、

そのまま次のテーブルでも

同じ演目として演じられるもの。

なんてのも重宝されますね。

財布からカード

 

 

どういうことかというと、

 

演技に準備がいらないとか、

一つのテーブルで演じた後に

自動的に最初に状態に戻っていて、

そのまますぐに同じ演技が可能というものとか。

(こういうのをリセットできるネタといいます。)

 

レストランでは各テーブルで同じネタでも

それほど問題はないので、

こういうネタが重宝されるわけです。

 

 

 

あと違うところは、

マジックバーはマジックがメイン。

でもレストランのマジックはあくまでサブ。

 

レストランでは料理がメインで、

その楽しい食事の+αでマジックがあります。

前菜

 

だからレストランのスタッフとの連携が

ちゃんとしてないといけません。

 

どういうタイミングでどこのテーブルに行くのか?

とくに料理がコースで出てくる場合など、

マジックがコースの邪魔になってはいけませんから。

 

『次はあの席でマジックお願いします。』

ってお店側から指示されるのがベストですね。

 

『マジックを見ていたらおいしい料理が冷めちゃった。』

なんてことのないように、

マジックも料理も両方楽しんでもらうために。

マジシャン テーブルマジック

 

 

あと、これが一番重要なことですが、

必ず『マジックをお見せしてもよろしいですか?

お客様の許可を得ること。

 

マジックバーならともかく、

レストランという不特定多数の人が集まる空間ですから、

マジックを見に来たわけではないお客様も

たくさんいます。

 

マジックを好きな人からしたら、

『えっ、マジック見ない人なんているんですか?』

なんて言われますが、

はっきりいえばたくさんいます!!

 

 

例えばまじめな話をしているとか、

別にマジックなんかに興味がないとか。

もっといえばマジックなんて大嫌いって

可能性もありますからね。

 

 

だから必ずマジックがOKかどうかを

確認しなければいけないのです。

 

 

それに、知り合い同士で楽しんでいるテーブルに

見ず知らずの人間が入ってくるわけですから、

それが嫌だという人もいるでしょうし。

 

最低限の礼儀でもありますね。

 

そもそも礼儀もなっていないような

マジシャンのマジックを

見たいとは思わないでしょう。

バツじるし

 

 

 

僕らのマジックは誰かを楽しませるためのもの。

それぞれの場所にあったやり方で

楽しんでもらわなければ

いけませんね。

 

 

ちなみに明日と明後日、

2月9日と10日

麻布十番の中華レストランでマジックをします。

シーファン

 

お時間ある方はぜひお待ちしております。

詳細、ご予約はこちらから↓
http://magicsaggy.jp/2016/01/27/magic-shi-fan/

 

 

 

ぜひおいしい中華と素敵なマジックを両方楽しんでください!

 

質問や感想をどうぞ【「Facebookにも投稿」にチェックを入れて下さい】

コメント

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket