今回は、

”マジックを覚えるのに図書館は使えるぞ!”

というお話。

 

あなたは図書館って行きますか?

図書館

最近、奥様の資料集めのつきそいで

よく図書館へ行くのですが、
(奥様はこちら⇒http://ameblo.jp/mamezou-torimaru/)

図書館ってマジックの本もたくさん置いてあるのですね。

 

 

一般の本屋さんってほとんどが新刊、

それも売れそうな本だけ置いてあります。

 

でも図書館って、新しい本から古い本まで、

売れた本から売れてない本まで

ありとあらゆる本が置いてあるわけです。

 

 

マジックの本といえば

東京堂出版という出版社が

本格的なマジックの本をいくつも

出版しているのですが、

 

相当大きな本屋さん

(東京でいうとジュンク堂や丸善とか)

でないと種類がありません。

 

さらに値段も3~4千円くらいと

ちょっと高めです。

 

 

勉強のためとはいえ、

集めると結構なお値段になりますね。

 

 

それが図書館だと、

絶版のものを含め

相当な数の本が読めるのです!
古い本

 

試しに僕の住んでいる区の図書館で

【東京堂出版】【マジック】で検索したところ、

59件もヒットしました。

 

 

最近ではネット予約や、

同じ区内の図書館からの取り寄せも可能です。

 

さらにカフェを併設したあったり、

無線LAN完備、iPad貸出、

コンシェルジュがいるような図書館もあるとか。

図書館もすごい進化をとげてますね。

 

 

話はそれましたが、

マジックの本はたくさんあります。

確かに買って手元にあった方が

いいのかもしれません。

 

でも全てを買うのは大変だし、

内容によっては演技に取り入れられないものもあります。

実際に手に入らない本もあるし、

『一度読んでみてから決めたいな。』

というのもあるでしょう。

 

 

だからマジックを本で勉強する場合、

実際に自分で買える本屋さんと

多くの本を借りられる図書館を

組み合わせて利用することをオススメします。

 

 

マジックを勉強するなら、

ぜひ近くの図書館に行ってみましょう。

 

 

 

さらに本格的にマジックを覚えたい方は、

こちらにご登録ください↓

メルマガ 登録





登録特典

質問や感想をどうぞ【「Facebookにも投稿」にチェックを入れて下さい】

コメント

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket