前回の続き。

 

いよいよ【no music no magic♪】の制作に

取りかかることになったのですが、

 

なにはともあれ、

①歌集め。

これをしなければいけないのですね。

ト音記号

 

歌を集める基準は、

◆誰でも知っているような有名な歌。

◆もちろん【数字】が出てくる歌。 

(できればサビに出てくるとベスト。)

 

誰も知らないような歌では、

何の歌か気になってしまいますね。

 

気になっている間に次の歌が始まりますから、

これではマジックを楽しみづらくなると思ったからです。

 

誰でも知っている歌、

そしてその歌詞の数字のところでトランプの数字が出てくる。

これが1番理解しやすく、楽しいはずです。

 

 

 

そして完成するマジックのサイズを5分以内に抑えるために、

そしてマジックとしての不思議さを出すために、

◆数字がたくさん出てくる歌を使う。

 

例えば、数字が1個出てくる歌なんてたくさんあります。

でもそれを集めたら53曲も必要だし、

何分かかるか分かりませんね。

 

それに、複数枚のカードがいっぺんに出てくる方が

マジックとしても不思議に見えます。

 

例えばClassの『夏の日の1993』のような歌

トランプの中から一気にA、9、9、3の4枚が出てくるのです。

これはマジックとしても相当不思議なのですから。

 

 

 

 

そして①歌集めと同時進行で

②歌の構成、順番の決定。

やはりこれが1番大変でした。

 

 

 

条件は

◆全てのトランプの表を見せる。

トランプ一組

つまりトランプ53枚(ジョーカーも含む)に含まれる

数字を使い切るということです。

 

A(1)~ 2、3、、、、~J(11)、Q(12)、K(13)、 それぞれ4枚づつ。

例えば『ウルトラセブンの歌』7、7、7、7を使ったら、

それ以降は使う事が出来ないのです。

 

そうやってトランプ1組の数字がすべて消化されるような

組み合わせを作らなければいけませんでした。

 

 

 

そしてさらに重要なのは、

◆曲順。

 

何の歌の後に何の歌を持ってくるのか?

全体のバランス、盛り上がりも考えました。

 

例えば最初は『ウルトラセブンの歌』。

エンディングは『男の子女の子』→『お嫁サンバ』とか。

 

 

 

 

そしてさらに作ってみて重要だと思ったのは、

◆曲間。

 

その歌の数字が出てきて、

次の歌の数字が出てくるところまで、

連続で出すのか、

シャッフル等を挟むのか?

考え出すとキリがないほどでした。

 

 

制作を始めてから完成するまで約1ヶ月間。

このマジックのことだけを考えている日々でしたが、

なんとか完成しお披露目の機会を得るのでした。

 

 

 

もうちょっと続きます。

 

 

メルマガ 登録





登録特典

質問や感想をどうぞ【「Facebookにも投稿」にチェックを入れて下さい】

コメント

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket