前回は、カード一組全てを使った

素晴しいマジックのご紹介でした。

前回はこちら。

 

 

カード一組すべてを使う、

それを違う形で表現したい。

 

そう思っていた時に出会ったのです!

【no music no magic♪】の直接的なアイデア、

それはこのマジックでした!↓

 

Justin Flom【Amazing Music and Card Magic 】

というマジックです。

 

この動画を見たときに

『これだ!!』と思ったのです!

まさに【no music no magic♪】の原型。

 

どうしてもマジックって”不思議”が優先されますね。

”不思議””楽しい”を両立させるのは意外と難しいのです。

 

このマジックは”不思議”です。

そしてそれ以上に

無条件に”楽しめます”。

まさにエンターテイメント!!

 

 

これを元に自分なりの“music”“magic”

組み合わせたモノを作り出そうと決めました。

 

 

条件は

◆カードを一組すべて使う。

(マークと数字がすべて見えるように。)

 

日本人にわかる歌を使う。

 

◆時間は5分以内

(ネタとしてそれ以上だと間延びする。)

 

”楽しい”

 

 

この時点で構想はほぼ固まっていました。

そして相当”ワクワク”していました!

 

これが完成すれば素晴しいマジックになることは間違いない!!

そう確信していました。

ステージと観客

 

そしてその頃、ライブバーでマジックをやる仕事が決まっていて、

せっかくライブバーなのだから音楽のネタを完成させようと思い、

【no music no magic♪】の制作を開始したのでした。

 

 

次回は、

【実際にどうやって作成していったのか?】

作ってみたら、やっぱり大変でした。

 

 

 

メルマガ 登録





登録特典

質問や感想をどうぞ【「Facebookにも投稿」にチェックを入れて下さい】

コメント

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket