マジックを勉強するとしたら、あなたは何を見ますか?

本? DVD? YouTube? それとも誰かに聞く?

 

現在、マジシャンのほとんどは独学でマジックを学ぶことが出来ます。

それは自分でマジックを勉強する媒体を選べるからです。

 

では、マジックを本格的に勉強するときに、いったいどの媒体が良いのでしょうか?

詳しく解説してみたいと思いますので、本格的にマジックを覚えたい方は参考にしてください。

 

 

②マジックの本

カードマジック事典

このサイトでもご紹介している

カードマジック事典カードカレッジなど、

現在、カードマジックの専門書はたくさん出版されています。

 

 

やはり専門書は、情報量や正確さからいえばダントツですから、

マジックを本格的に勉強するのに必要不可欠ですね。

 

 

しかし難しいのも事実です。

なぜかというと、ほとんどの事柄が専門用語で書かれています。

さらにマジックは動きがあるものですから、

それを文字で読んで理解するのは大変です。

算数の公式と子供

価格も高めですから、簡単には手が出ないかもしれません。

 

 

ただそれらも含め

本当にやる気のある人、本格的に覚えたい人は

ぜひ本を買って勉強してください。

マジックの基本を正しく習得するためにも本は最適です。

 

 

最初は読むのが大変かもしれません。

でもあきらめなければだんだん分かることが増えてくるでしょう。

自分のレベルが上がるたびに、新しい発見があるのも本の魅力です。

 

 

マジックの本といえば、東京堂出版

カードマジック事典をはじめ様々なマジックの専門書を発行しています。

大きい書店に行けばマジックのコーナーに必ず置いてありますので、

実際に手に取って吟味するのも良いでしょう。

 

 

ボロボロになるまで読んで、たくさん学んでください。

 

 

『書物の新しいページを1ページ、1ページ読むごとに、

私はより豊かに、より強く、より高くなっていく。』

~チェーホフ~

 

 

メルマガ 登録





登録特典

 

質問や感想をどうぞ【「Facebookにも投稿」にチェックを入れて下さい】

コメント

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket