Youtubeロゴ

マジックを勉強するとしたら、あなたは何を見ますか?

本? DVD? YouTube? それとも誰かに聞く?

 

現在、マジシャンのほとんどは独学でマジックを学ぶことが出来ます。

それは自分でマジックを勉強する媒体を選べるからです。

 

では、マジックを本格的に勉強するときに、いったいどの媒体が良いのでしょうか?

詳しく解説してみたいと思いますので、本格的にマジックを覚えたい方は参考にしてください。

 

 

①Youtube

youtube

 

 

 

 

いまや一大メディアとして、たくさんの情報が発信されているYouTube。

マジックの解説、種明かしもたくさん公開されています。

 

では果たしてYouTubeで本当に本格的にマジックが習得できるのか?

 

答えはNoです。

 

少なくともYoutubeの種明かしに関しては、プロが公開するようなことはあまりありませんし、

下手なモノ、不正確なモノ、全く見当違いなモノまで幾らでも存在します。

初心者がその中から正しいモノを判別できる訳がありませんね。

間違ったモノを覚えてしまう可能性はたくさんあります。

 

さらにマジックの本当に重要な部分は、

見せ方や演出、セリフ、ミスディレクションなどです。

 

タネだけ覚えてもマジックを誰かに見せて楽しませることは出来ないのです。

Youtubeの種明かしは、まさにタネしか明かしていませんからね。

 

 

完全な初心者がマジックを正しく習得しようとするには、

Youtubeはあまり向いていないということです。

驚く人

 

 

ただ、ある程度の基本が出来てからであれば、

使い道はいくらでもあります。

 

だって世界中のマジシャンの演技が見られるのですから!

どんな分野でもそうですが、

より素晴しいモノを見ることが上達する秘訣です。

 

 

下手な種明かしを見るくらいなら、

タネが分からなくても、

世界の素晴らしいマジシャンの演技を見ることの方が

演出やミスディレクション等はるかに学べることは多いはずです。

 

 

こちらは伝説のマジシャン、トミー・ワンダー師の演技。

圧倒的なミスディレクション。

マジシャンがオチやタネを知っていても「引っかからざるをえない」動きを構成して、

見事に実現しています。

 

上手くなるためには、良いモノをたくさん見てください。

 

 

 

メルマガ 登録





登録特典

質問や感想をどうぞ【「Facebookにも投稿」にチェックを入れて下さい】

コメント

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket