僕がコントや演劇のために考えていること

小林賢太郎 

【僕がコントや演劇のために考えていること】

 

 

著者の小林賢太郎さんは、

舞台でコント作品を発表する男性ふたり組、

【ラーメンズ】として脚本・演出を担当。ソロ公演も行っています。

左は相方の片桐仁(かたぎりじん)さん、俳優や彫刻家としても活躍しています。

ラーメンズ

コントの完成度も高く、各方面にファンも多いラーメンズ。

 

そのラーメンズやソロ公演等の脚本、演出を手掛けている小林賢太郎さんの、

面白い、美しい、そして不思議なものを生み出すための

ストイックな姿勢を学ぶことが出来ます。

 

実は小林さんは、プロマジシャンとして活動していた時期もあり、

演出にマジックを取り入れることもあるのです。

 

カードを使ったこんな演出も↓

いかに面白いものを生み出し、そしていかに観客に伝えるのか?

マジシャンはもちろん、

どんな仕事でもプロとしての心構えを学べるでしょう。

 

 

一節、

【表現力とは、ほぼコミュニケーション能力】

表現力とは、ほぼコミュニケーション能力

 

『どんなに素晴しい内容でも、観客に伝わらなければ意味がありません。

「自分の発言や行動を、相手がどう感じるか」。

笑いにせよ感動にせよ、美しさや不思議さにせよ、

表現を仕事にする者にとって絶対的に必要な感覚です。』

 

 

『伝える』というのは永遠のテーマですね。

この姿勢を常に持ち続けること。

それが素晴しい表現者であるということなのです。

 

『表現する』人すべてにオススメです!

質問や感想をどうぞ【「Facebookにも投稿」にチェックを入れて下さい】

コメント

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket