teacher-407360_1280

 

マジシャンは誰かの弟子についてマジックを勉強する。

 

そんなイメージがあるようですね。

 

でも実は現在では

独学で勉強してマジシャンになる人が大半です。

 

勉強する子供

以前は、少なくとも日本では

『マジックを覚えたい!』と思ったらマジシャンに聞く以外の方法がほとんどありませんでした。

 

だから、マジシャンの弟子について勉強するというのが

マジシャンになるための1番の方法だったわけです。

 

でも現在ではマジックの本やDVD、その他の情報がたくさん存在しています。

(例えばカードマジック事典とか。)

マジシャンになるための情報は、個人でいくらでも手に入る時代なのです。

 

だからそういったもので勉強して、

マジシャンになる人が多いのです。

 

実際にマジシャンの弟子に付くといっても、

身の回りにマジシャンなんていませんからね。

 

その分、情報であればネットなどでいくらでも探すことが出来ます。

マジシャンを目指す人にとっては、便利な時代ですね。

 

 

ただ、だからといって

『マジシャンになるのが簡単』なのではありません。

専門的な本やDVDは、ある程度の基礎知識が無ければ理解するのも大変です。

最初はひとつひとつの事柄を理解していくだけで精一杯でしょう。

まずどこに行ったら手に入るのかも分かりませんし、

仮に見つけても、どれが良いのかも分かりません。

さらに【プロマジシャン】になるには、

マジック以外にも覚えなければいけないことがたくさんあります。

 

弟子につこうが、自力で勉強しようが、

どちらにせよ勉強しなければいけないことはたくさんあるのです。

モヤモヤ

努力は必要です。

熱意も必要です。

行動力も必要です。

はっきりいってお金も必要です。

 

でもその中で頑張った人たちが

マジシャンになっているのです!

 

 

結局、今も昔も方法が変わっただけで、

重要なのは【やる気】だということです。

 

 

『やるべきことが決まったならば、執念を持ってとことんまで押つめよ。
問題は能力の限界ではなく、執念の欠如である。』
~土橋敏夫 ~

 

質問や感想をどうぞ【「Facebookにも投稿」にチェックを入れて下さい】

コメント

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket