あなたは【バーベット】って知っていますか?

英語で 【Bar bet】と書きます。

“バーで賭ける”という意味。
バー お酒

バーベットとは、

誰かが難問を出題したり、誰もができそうな問題をだして、

相手が出来るか出来ないかを賭けて、

負けた人がつぎの一杯でも、お金でも払うという取り決めでおこなわれるゲームのことです。

 

欧米では飲み屋でおこなわれることが多いようですね。

あくまでその場の雰囲気をもっと盛り上げようという娯楽のゲームです。

このゲームで相手の金品をふんだくってやろうという

ものではないことを理解しておいてくださいね。

 

欧米では1ドル札がありますから、

それを賭ける場合が多いようです。

日本円で100円くらいですから、

そもそも大金を賭けるというモノでもないのでしょう。

 

バーベットにはトリッキーなワナや仕掛けが

巧妙に仕込まれていたりします。

 
その巧妙な仕掛けこそがバーベットの命とも言えるところですね。

 

そのためこのゲームが成立するためには、

だましだまされ合うことをお互いに愉しみあうという関係、相互理解が必要です。

これがないと「そんなのインチキだ。」「今の賭けは不成立だ。」ということになりかねません。

そういう意味では【マジック】とも近いですね。

 

 

バーベットの本にこんな記述があります。

【警告】
バー・ベットは危険なゲームです。
使用上の注意をよく読んでください。

【使用上の注意】
1. 相手を見てやること。
2. バーベットで金儲けをしないこと。
3. 座興でやるときも事前にリハーサルをきちんとやること。

上記の3つに気を付けて演じてくださいね。

そうすればきっとその場を盛り上げるのに素晴らしい役割をしてくれるでしょう。

あくまで相手とのコミュニケーションを目的として使ってください。

あっ、お酒を賭ける場合は飲ませすぎないように!

 

 

それでは今回のバーベットはこちらです。

【3本のマッチ】!

用意するのはマッチ3本、そして相手からコインを1枚借ります。(例えば500円玉。)

 

そして相手にこう言います。

 

「では、これから3つの質問をします。必ず『3本のマッチ』と答えて下さい。
違う答えを言えばあなたの負けです。コインは頂きます。」

続けて、

 

「まず一つ目の質問です。このゲームの名前は何というんでしたか?」
相手は「3本のマッチ」と答えます。

 

そこで「あ!あなたはこのゲーム知っていますか?」と聞き返します。

「いや知らない/知ってる」と言えばあなたの勝ちです。

これで引っかかる人も多いでしょう。

 

もちろん相手がうまく「3本のマッチ」とかわしても大丈夫。

 

最後の質問、

「では、ここにあるコインで何を買いたいですか?」

 

結局どう転んでもあなたの勝ち、

相手のコインはあなたのものになります!

 

でも、ゲームが終わったら しっかりと500円返してあげるか、
相手にも同じゲームを逆の立場でやって、返してあげてください。

 

あくまで相手と盛り上がる楽しいゲーム、コミュニケーションツールのひとつ、

そんな感じで使ってくださいね!

 

ちなみに動画はこちら↓

質問や感想をどうぞ【「Facebookにも投稿」にチェックを入れて下さい】

コメント

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket