スプーン曲げ

マジックバーで演じたり、セミナーで教えたりしている【スプーン・フォーク曲げ】ですが、

各時代のメディア等で取り上げられていて、ほとんどの方が存在を知っています。

 

知名度だけでいえば、一番皆さんが知っている【マジック】ではないでしょうか?

(マジックですよ、間違いなく!!)

 

面白いことがあります。

 

【知っている】とはいえ、

皆さん目の前で見たことなどほとんど無いわけですが、

マジックバー等で、初めて目の前で【スプーン・フォーク曲げ】を見たお客様が

必ずといっていいほど調べることは何だと思いますか?

 

 

それは【熱】(温度)です。


曲がった部分の温度を調べる。

熱くなってないか確かめる。

そしてほとんどの場合熱くなどないですから、

「熱くない!」と驚く。

 

つまり、

【熱によってスプーンが曲がっている】と思っている方が

とても多いということなのです。

 

 

おそらく過去【スプーン曲げ】を演じていた数々の方も、

【熱】だなんて言ったこと無いのではないでしょうか?

 

【金属は高熱で曲がる】ということ、

そして指で擦ったりする演技のためにそう思っているのでしょう。

 

 

実際に摩擦熱でスプーンやフォークに使う金属が曲がることはありません。

先に指がやけどしますしね。

 

 

【スプーン・フォーク曲げ】にはその他に

様々な理由が思い浮かぶのではないでしょうか?

 

気功? 超能力? 神の力? もしかしたらただの怪力? 

スプーンやフォークに仕掛けがある?

 

正解かどうかはともかく(実際ほとんど間違いですし)、

ほとんどの方が何かしらの【理由】を考えているということです。

 

 

 

【理由をつけた場合と、つけない場合の承諾率のちがい】

を調べたこんな実験結果があります。(心理学者 エレン・ランガ―)

 

コピー機の順番を待っている先頭の人に、

 

①先にコピーをとらせてくれませんか? (理由なし)

 

②急いでいるので先にコピーをとらせてもらえませんか?(本当の理由)

 

③コピーをとらなければいけないので先にコピーをとらせてもらえませんか?(適当な理由)

 

と、3通りの聞き方でお願いをしました。

 

結果①は60%、②は94%、③は93%の人が承諾したのです。

 

この実験でよく語られるのは、③のような理不尽なお願いだとしても、

何でもいいから「~なので」と理由をつけたほうが承諾してもらいやすいよ、

ということなのですが、

 

 

この結果からもう一つ言えることは、

【なんでもいいから結果には理由があった方が安心する。】ということです。

③は『(理由)~だから~(結果)』という文のカタチになっているだけですね。

実際に因果関係があるわけではない。

でも、理由がないよりはいいのです。

 

 

『何でだか分からない』ものは人間にとって不安でしかありません

なんだかわからない

原因が不明なものは生存に危険を及ぼすかもしれないからです。

だから【理由】を探す。

何でもいいから【理由】をさがして安心したいと思うのです。

 

 

 

例えば【スプーン曲げ】の場合、なぜ曲がるのか分からない。

不安で仕方ない。

だから『熱で曲がっている』『超能力で曲がっている』という【理由】をつけたがるのでしょう。

 

『全くなんだか分からない』よりも『超能力で曲がる』のほうが安心するというのも面白いですね。

 

【理由】を使えば、他人を説得するのも簡単だし逆に騙すこともできます。

ただ『お金が必要なんです!』ではなくて、

『急いでいるのでお金が必要なんです!』なんていう具合。

 

 

世の中は原因という【理由】があって結果があるのですが、

それが本当の【理由】なのかは、よく見極めなければいけません。

 

 

 

質問や感想をどうぞ【「Facebookにも投稿」にチェックを入れて下さい】

コメント

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket