日本初の本格的クロースアップマジック専門のプロマジシャン

前田知洋

(まえだともひろ)

前田知洋さん

東京出身のクロースアップ・マジシャン

前田知洋さん。

僕がマジックを始めるきっかけにもなった、素敵なマジシャンです。

 

1988年、大学卒業後に留学していたアメリカのロサンゼルスで

アカデミィ・オブ・マジカルアーツのオーディションに合格。

 

世界的に有名なマジック専門会員制クラブ

【マジックキャッスル MAGIC CASTLE】

に日本人最年少で出演。

マジックキャッスル

その他、マジック会のオリンピック【FISM】に出場、

1990年には優れたマジシャンへ贈られる厚川昌男賞を受賞。

2002年には国内の愛好家の投票で「その年最も活躍したマジシャン」に贈られる

第一回マジシャン・オブ・ザ・イヤー(ジャパン・カップ)を受賞など、

輝かしい経歴を残しています。

TV番組にも多数出演されています。

 

2004年に世界最大のメーカーU.S.Playing Card Companyが、

前田さん専用のトランプ

「Tomohiro Maeda MODEL TALLY-HO GOLD FRAME」を製造しています。

個人用のモデルを作るのは異例のこと。

それだけ世界的に認められているということですね。

前田知洋さんのサイトはこちら。

 

 

日本ではそれまで、

クロースアップマジックだけを見せるプロマジシャンはいませんでした。

職業としては成立しない分野だと思われていました。

そこにはじめて踏み込み、成功させたのが前田さんです。

 

 

上品でスタイリッシュ。

しゃべり方やルックスからも知性が感じられます。

マジックにもストーリーがあり、つい引き込まれてしまいます。

演じているマジック自体はクラシックなものも多いのですが、

前田さんが演じることによって、

『前田知洋のマジック』になってしまう。

結局、マジックは『何を演じるか』では無くて

『誰が演じるか』が重要なのです。

 

 

前田さんの場合、ヴォイストレーニング、バレエ、演劇の基礎知識、心理学等、

一般のマジシャンがしないような勉強も地道になさっています。

だから前田さんのマジックを見た人は、

『前田さんにもう一度会いたい。』

そう思うのでしょう。

 

まさにマジシャンの理想の姿なのかもしれません。

 

Youtubeにも動画がたくさんあります↓

演技はとても勉強になるでしょう。


東京電機大学卒で卒業論文は人工知能(エキスパートシステム)。

マジシャン以外の活動も多岐にわたります。

 

 

マジックを演じる人も、そうでない人も 、

素敵な人物として学ぶべきところがたくさんある、

そんなマジシャンです。

 

 

質問や感想をどうぞ【「Facebookにも投稿」にチェックを入れて下さい】

コメント

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
Pocket